不動産相続のあれこれ

相続の情報が満載!

不動産を相続するときの注意点

不動産を相続するときの注意点 法定相続がいちばん簡単なように思われがちですが、こと不動産に関して共有することは好ましくありません。
特定の人が相続する場合には、遺産分割協議書の作成が必要なため、面倒に感じてしまうかもしれませんが、土地や家を管理する際には、共有財産であることがトラブルに発展させる原因にもなりえるのです。
また、共有であることを理由に固定資産税や修繕をお互いに相手任せにしてしまうケースも多く、結局空き家となり使えないものとなることが少なくありません。
そのようになり兼ねないという場合には、相続人を決める前に不動産を売り、お金として分ける方法も一つの手段です。
また複数の共有持ち分は、そのうちの一人が亡くなった場合、さらに共有者が増えトラブルの発生が避けられなくなることもありますので、家や土地に関しては単独が理想的です。
不動産がある場合には、登記が必要です。
故人の生から死までの戸籍謄本(全部事項証明書)をはじめ、徐住民票や、相続人の書類など揃えなければならないものが結構多いので、抜けの内容準備する必要があります。
自分で登記するのが面倒であれば、司法書士に依頼することもできます。
登記のほかにも、税金が発生する場合があることも頭に入れておかなければなりません。

建物を相続したときに忘れてはいけない申請

建物を相続したときに忘れてはいけない申請 建物を相続した場合には必ず相続登記(名義変更)する必要があります。
建物の登記事項を変更することにより権利は自分のものになり、法的に認められた権利なので、第3者に権利変動について対抗することができます(民法177条)。
このことは登記をしないと第3者に対抗できないことを意味するので早期に変更登記を行う必要があります。
変更する場合は特に期限はありませんが、処分することができないと言う問題等が生じてきます。
名義が故人のままだと書類上はまだ自分のものではないと言うことになるからです。
この場合の手続きを自分の代わりに行ってくれるのが司法書士です。
自分で行うことは法的には問題は全然ないですが、登記は非常に複雑な法的行為で、法改正も定期的に行われており、建物は数千万円する財産になるので登記の専門家である司法書士にお願いした方が無難だと言えます。
専門家に依頼した方が、コストパフォーマンスが優れています。
変更登記を行った後は自分が税金を払う必要がありますが、相続の際に現金より不動産を承継した方が税金を大幅に減らすことができますので、相続の前の段階でこのことを知っておくと、自分の懐に入るお金は大きく変わるので、知っておいた方が得な知識になります。

故人の不動産の相続に必要な手続きなどについて

法定相続人が遺産の一つである不動産を取得する場合には、相続登記を行う必要があります。これは、故人から引き継ぐために名義変更の手続きのことを指します。対象となる物件の所在地を管轄する法務局で手続きを行わなければいけません。
登記の手続きには、申請書のほかに亡くなった人に関する書類と、受け取る人に関する書類の提出が必須です。必要書類とは故人の出生から死亡するまでの期間の戸籍と、死亡により除かれた住民票と、法定相続人全員の戸籍、引き継ぐ人の住民票です。また、遺産分割協議を行って物件を取得する人を決定した際は、遺産分割協議書と法定相続人全員の印鑑証明書も必要となります。
さらに、名義変更を行う場合は、登録免許税という税金を納めなければなりません。登録免許税の額は、固定資産評価額を元に計算され、税額を明らかにするまえには固定資産評価証明書も提出します。
遺産を引き継ぐには、期日もあったり、細かい手続きがあるほかに親族とももめる可能性が高くて個人で行うには精神と労力を使うので、法律の専門家に依頼するとスムーズに行えるでしょう。

ゴルフ会員権はほとんどの場合相続の対象になる

何かしらの権利を主張して財産を独り占めしようとする厄介な兄弟がいる、価値が無く絶対に売らないであろう不動産があり対処に困る、効力を持たないメモはあるけど遺言書は無いので遺産分割協議が進まないなど、大切な家族が亡くなった後の相続にはありとあらゆる問題がつきまといますが、相続の対象になるものとならないもの見極めが難しいというのもそのひとつです。
不動産や株などの金融商品は対象であることが明確ですが、ゴルフ会員権の存在に悩まされた経験がある方は多いのではないでしょうか。ゴルフ会員権は、会員の死後に会員資格が喪失するというルールが設けられている場合は相続の対象になりませんが、そのほかの場合は対象になりますので、評価額の計算をする必要があります。共有名義にすることは出来ませんので、誰がもらうのかを遺産分割協議で決めておかなければなりません。
面倒で煩わしくて対処が難しい相続問題の壁に突き当たったときは、弁護士に相談するというのがベストな対処法です。

認知症の人が相続人となってしまった場合の対策とは

空前の高齢社会といわれる昨今ですが、亡くなった人からの遺産を相続するにあたって、本人が高齢のはもちろんとしても、実は配偶者などの相続人のほうも高齢で、認知症にかかっている場合も少なくはないことが心配になります。
一般に相続が発生した場合には、遺産を受け継ぐ権利のある人たち全員が集まって遺産分割協議を行い、その結果をもとにしてそれぞれに遺産を分け合うことになります。
しかしそのなかに認知症の人が混ざっている場合、その人は他の人とは違ってみずからの意思を完全に示すことができませんので、遺産分割協議そのものができないことになってしまう点に注意が必要です。これでは不動産の所有権移転登記などのあとに続く手続きもできなくなってしまいますので、なんらかの対策が必要です。その手段のひとつには成年後見制度の利用が挙げられます。
成年後見制度とは精神上の障害によって判断能力が十分でない人が不利益を被らないようにするため、家庭裁判所に申し立ててその人のサポートをしてもらえる人を選任する手続きともいえます。
この成年後見人に代理をしてもらうことで、遺産分割協議などのさまざまな法的手続きが可能になります。

相続の事前協議で必要な様々な条件を知っておこう

一般的に、相続では故人の意思が何よりも尊重されますので、実は亡くなる前の事前協議などを行うことも可能です。これは、遺言が典型的なものです。
遺言は、亡くなった人が生前に残した最後の意思表示であるため、それが法律的にも有効であると考えられるときには事前に行われた取り決めを亡くなった後に適用されることが可能です。ただ、こういったことを行うためには、法律的にきちんと相続で効果を発揮するために準備もしておかなくてはいけません。
例えば、遺言の場合は自筆で書いて日付や署名なども行い、立ち会ってくれた弁護士などの専門家に事前に預けておくことが最重要です。
また、権利者同士で何らかの取り決めをしたいと考えている場合も、相続の権利を有している人達がお互いに同意をして納得をする必要があります。これは、事後の遺産分割協議であっても同様です。
重要なのは、口約束だけで済ませるのではなく、契約書のように形に残る形でお互いの意思表示を決めておくことです。

相続を円満解決するには生前贈与が有効な方法

相続を円満解決するには、生前贈与を効果的に利用するのが非常に有効な方法となります。遺言書を作成するのも1つの方法となっていますが、遺言書は親族間の様々なトラブルを引き起こす元になることも多いため、必ずしも良い方法とは言えない面があります。
財産の分与をしてもらえなかった親族が異議申し立てを行ったり、あるいは遺留分請求を行うなどトラブルを引き起こす危険性を持っています。
また遺言書が正式なものであるかの判断を行わなければならない場合もあるため、必ずしも良い方法とは言えない面があります。
生前贈与は相続の1部に認められているものであるほか、税金の面でも金額によっては優遇制度があるため、将来相続税等で遺族が悩んでしまうことを少なくすることができます。
特に不動産等を相続した場合にはその税金が巨額になることもあり、最終的には放棄をしなければならなくなってしまうことも多いものです。このような部分も考慮して総合的に判断をすることが、大切なこととなります。

相続では口約束ではなく必ず証拠を残すことが重要

基本的に、相続というのは民法の規定によって分割分が決められるものです。法定相続分で分割を行うときには、文字通り法律に規定されている割合でお金を継承していくことになりますので、ここには実は法律的な根拠が存在します。
相続で重要になるのは、こういった法律的な根拠です。そもそも、法律を根拠に行う取り決めについては、口約束は通用しません。
例えば、相続でもお互いが納得をして分割分を決めれば、法律に規定されている以外のやり方でも配分を決めることが十分に可能なものです。
しかし、そういった別の方法で取り決めを行った場合にはその事実をきちんと証拠となる形で残しておかなくてはいけません。
仮に、法定分とは異なる割合でお金を分配するケースでは遺産分割を行ったことを証明する遺産分割協議書を残す必要があります。
これは、役所にもきちんと提出する物なのでとても効果が高いものです。口約束には、こういった法的な効果がないので気を付けなくてはいけません。

家族が後に相続で揉めそうと判断した方は遺言書の作成は効果的です

ご家族がお亡くなりになった後には、相続をすることが必要とされ、分配方法は決められているものの、現金以外に不動産や高級ブランド品、更に投資をしている場合では、残されたご家族の間でトラブルになることは珍しいことではありません。ご高齢となった親は自分の死後に相続で揉めてしまうことを避けるために、生前の対策として遺言書を作成することも今では増加傾向にあります。この内容はご本人の意思によって詳細を記しているものなので、普通のご家族であれば受け入れをして相続を受けることが一般的です。揉めそうな雰囲気があれば遺言書は行政書士や弁護士に託すことでトラブルを避けられますが、揉めてしまう可能性が非常に低く、家族がいつでも中が良いというご家庭であれば、正式な文書ではなく自由にご本人が書き込んだ方法で分配を指示することも悪くはありません。生前にできることは沢山あり、子供が複数名いる方であれば、生前に相続について話し合いの場を設ける方法でも、後から揉め事になることを避けられるのではないでしょうか。

「相続」と「遺贈」は、どこに違いがある?

人が亡くなると、その人が生前所有していた財産上の権利や義務などはその人と一定の関係性のある人に移転することになります。そして、この移転こそが「相続」です。なお、一定の関係性のある人というのは法定相続人と呼ばれ、個人と血縁関係のある人物のみが該当します。 一方で、亡くなった人が所有していた財産を無償で第三者に譲る行為を意味する言葉が「遺贈」です。その際の譲る相手にあたる受遺者は、誰であっても構いません。譲る相手は傍から見たら故人と何も関係ない人や団体にすることもできます。 ただ、「遺贈する」と遺言に書いた場合、受遺者は他の法定相続人全員と共同で所有権移転の登記申請をしなければならない点には注意が必要です。つまり、その実行にはかなりの時間と手間がかかることが多いです。最悪の場合そもそも登録申請を行えない場合すらありますが、指定された法定相続人であれば単独で所有権移転の登記申請を行うことができます。

相続したくないときは相続放棄の手続きをする

亡くなった人からその家族や親族などの一定の関係にある人が遺産を引き継ぐ行為が相続ですが、この場合の遺産にはプラスの意味とマイナスの意味が含まれています。一般にイメージするのは亡くなった人が生前に持っていた現金や預貯金、不動産や株券などといったもので、これらはすべて金銭的な価値のあるプラスのものです。しかし実は借金であったり、他人のためにした連帯保証人としての債務なども、いわばマイナスの財産ということで相続の対象に含まれています。そのまま手続きをしなければ単純承認となり、プラスとマイナスのどちらも引き継ぐことになってしまいますので、もしも借金が多額な場合などには、かえって損をすることにもなりかねません。このような場合には、2か月以内に家庭裁判所に申述書を提出し、相続放棄の手続きをすることが勧められます。この手続きをして裁判所からの許可が得られれば、相続をしなくても済むことになります。相続放棄のほかにも、プラスの範囲内でマイナスの相続をする限定承認という方法もあります。

相続をするならまずは財産調査が重要となる

家族や親族などの亡くなった人から遺産を相続するとはいっても、どのような財産を、誰が引き受けることになるのかを確定しなければ話は進みません。この場合のどのような財産があるのかをチェックするプロセスが財産調査であり、はじめの段階でしっかりと済ませておくことが重要です。相続の対象となる財産にはさまざまなものがあり、一般には現金や預貯金などをイメージしやすいものですが、そのほかにも土地や建物といった不動産、マイカーとして使っていた自動車、株券や国債をはじめとする有価証券、書画骨董などの美術品や工芸品までが含まれています。現金や預貯金であれば額面がはっきりしているのでわかりやすいものの、不動産や株式などは市場の動向によって価値が決まるため、複雑な計算が必要になることがあります。そのため多額の遺産がある場合には、税理士のような専門家に依頼をすることも適切な方法といえます。遺産には借金・ローンの返済分などのマイナスの価値をもつものも含まれますので、財産調査の際には注意する必要があります。

相続の手続きを忘れた場合の留意点について

相続の手続きを忘れた場合、税務署より追徴課税を請求されることになります。これは通常の数倍の税金を要求されるため多くの支出をすることとなるのです。一番多いのは、手続きをすることなく財産分与をしてしまうことです。特に土地などの不動産では、主が変更されていないことで売却など上手くいかなくなってしまうことがきっかけで手続き忘れが発覚するケースがあります。相続は自分で管理すればいいのですが、法的手続きが複雑なため市役所などで相談して効率的に行うことがポイントです。抜け漏れを防止するためには税理士に相談することで確実な対応を実施しています。自分で確実に手続きを行うためには、生前に試算を把握しておくことが重要となるのです。そして、親族と共有して計画的に方針を決めておくことがスムースです。そうすることで手続きが分担してスムースに行えますし、もめ事を防止することにつながります。無料相談会を活用するのも手段です。

相続税の納付の期限を守るためには事前の準備が必要

相続税は納付の期限が定められており、被相続人が死亡したことを知った日の翌日から、10か月以内が基準となります。通常は相続人の死亡日から数え始めることになりますが、場合によっては期限に間に合わないなどの事態が発生する可能性があるでしょう。なお、申告期限が土日祝日であった場合には、翌日または月曜が改めて申告期限となります。10か月の猶予があると聞くとゆっくりと申告をすれば間に合うように感じますが、実際にはさまざまな資料を集め、財産目録も作成しなければいけないため、あまり多くの余裕は残されていません。あらかじめ相続について話ができていれば別ですが、まったく何の話もしないまま突然亡くなってしまったといった場合には、親族の間で資料集めを行うことになるでしょう。申告期限は条件を満たせば延長も可能です。しかし開始日を知らなかった、開始日が特定できないなど一定の条件下でのみ対象となるため、やはり事前の準備が大切です。

相続により遺産分割をするには家族間でトラブルを起こさない方法が必須です

親がお亡くなりになった際には、相続を受けることは当然のことですが、遺産分割を検討した場合、遺された家族間でトラブルに発展してしまう可能性は十分にあります。基本としては被相続人の全員が納得できる方法を見い出すことは必須となり、余計なトラブルを起こさずに綺麗に遺産分割をすることは家族の絆を今後も保つためにも必要なことです。預貯金や保険金、有価証券などをお持ちの方は、現金化を済ませた上で分割するだけで問題はありませんが、不動産も相続の対象となった際には、十分に話し合いを行うことが欠かせません。住宅の場合では売却をした上で得た金額を分割する方法もありますが、考え方次第では賃貸住宅として貸し出して運用する方法もあります。多額の資産を残している場合では、空き地にして賃貸アパートを建てる方法もあり、節税を上手く行える可能性が高まります。全員が納得していないと次のステップに進むことができないので、適切な判断が出来ない場合、不満を感じている家族がいるようであれば、弁護士など専門家に依頼する方法もベストではないでしょうか。

遺産の相続で揉める家族に見られる特徴とは

相続で揉めるのは、元々親戚付き合いが疎遠で仲が悪い家族であることが多いです。本来は兄弟で均等に分け合うものですが、仲が悪いと親の介護をしたことなどを理由に他の兄弟より多く相続することを主張します。関係が良好だと納得できる主張でも、関係が悪い兄弟間ではお互いが主張を曲げません。そもそも連絡が取れないなどで、遺産分割協議すら始められないケースもあります。また現金だけでなく土地などを相続する場合も揉めやすいとされます。現金であれば均等に割り当てることで解決することも、土地や住宅が含まれると状況が変わります。不動産はすぐに現金化するのが難しく、現物分割や代償分割など分け方にも様々な種類があります。住宅を売って現金にしそれを分けるという方法を選ぶ時は特に注意が必要です。元々その家に住んでいる人がいれば、一度住居を売るので引越しをすることになり生活スタイルが大きく変わるためスムーズに手続きできない可能性があります。

相続の基本的な分配方法と問題が生じる部分の解決策

相続の分配方法は多くの方が知っているように、事例をあげると親と子の4人家族の場合、片方の親が亡くなってしまうと財産の半分は配偶者に分配し、残りを2人の兄弟で分配をすることが基本系です。ところが実際の相続問題ではトラブルを引き起こしてしまうことも少なからず起きていることは事実になり、その内容は綺麗に分配できない動産と不動産などが該当しています。
価値ある動産の中には自動車や骨董品、美術品などが該当し、不動産は土地と家屋などがあり、相続人全員が納得できない場合では分配することは難しい傾向にあります。自動車などは売却をした利益を分ける方法がありますが、高額な動産においては手放すことを躊躇することもあり得ます。不動産の場合では特に高額になることが多く、配偶者が住んでいる住宅ではそのまま住み続けることが基本ですが、そうではない場合は売却がいいのか、家族の誰かが住みたいと考えているのかで意見が分かれてしまいます。この分配方法では相続問題に詳しい弁護士に相談をすることで解決に至りますが、公平に分配をして全員が納得をするには時間が掛かってしまう可能性はあるものの、最終的には弁護士によって公正な判断で決着することは可能です。

相続の手続きにおける問題点とはどのようなものか

人が亡くなったために遺産を分配する手続きが始まると、いくつかの問題点が生じることがあります。よくあるのは、相続できる関係者が見つからない事例です。
故人の遺産は、配偶者や子どもなど近親者であれば受け取ることができます。分配にあたって、受け取る権利を持つ人が何人いるのか明確にしなければいけません。しかし、故人に複数回の婚姻暦があったり、親族のあいだの付き合いが薄かったりすると関係者の所在がわからないことがあります。分配を終えたあとに新たな関係者が出現すると、正しい相続のために裁判所をまじえた処置をしなければいけないこともあります。トラブルのない手続きをするためにも、遺産相続の対象者が多いときは最初から弁護士などの専門家をふくめた協議が望ましい対応です。弁護士などの専門家には一定の調査能力があるので、所在がわからない関係者がいたとしても見つけてくれるのではないでしょうか。順調な相続のためにも、日頃から親族のコミュニケーションが大切です。

相続を正しく分配をするには全ての財産の開示が必要

親がお亡くなりになった後には、相続を受けることは誰でも知っていることですが、相続人が1名ではない限り、全ての財産を開示することは欠かせません。
ところが家族によっては財産全てを把握することは難しい可能性はあり、お亡くなりになった方が加入をしている生命保険の他、銀行の預金、本人しか分からない何かしらの金融資産がある可能性も否定はできません。
これら全てを開示するには弁護士に依頼をする方法があり、調査から分配まで全てを任せることで問題にならずに解決することはできます。
一方で不動産を複数所有していたり、価値の高い動産を沢山お持ちの場合では、分配する際に揉め事になることは決して少なくはないので、この範囲であれば売却をして利益を分ける方法や残しておきたい場合は全員が納得することが前提にあるので、やはり弁護士に一任することで相続人同士でトラブルになってしまう問題は無くなります。
できるだけ生前に話を聞いておく方法や遺言書の作成などを済ませておくことで、余計なトラブルを回避することはできるのではないでしょうか。

不動産をスムーズに相続するための4つの方法

不動産の相続にはいくつかの方法が存在していますが、現物分割と代償分割、そして換価分割と共有名義の4つが代表的な方法として挙げられます。このうち現物分割は不動産などの財産そのまま相続し、売却などを行わないのが特徴です。・土地や物件を売却する手間と時間はかかりませんが、複数ある物件を異なる相続人がそれぞれ受け取った場合、評価額の差が問題になる可能性があるでしょう。代償分割では財産を受け取った人が差額を他の相続人に支払う方法です。
支払う金額は物件をもらった人とその他の人の間で話し合うことが可能で、必ずしも代償額が均等である必要はありません。
また、換価分割では物件を売却し、得られた金額を分け合います。共有名義では土地や物件を持分割合にして登録し、それぞれ受け取ることになるでしょう。
どの方法を選ぶかはその時々の状況や人間関係によっても変わってきます。最適な方法を選びたい場合には、弁護士などの専門家への相談がおすすめです。

相続の相談をする時にペットを相続する事は可能でしょうか

大切なペットが亡くなった時に何かしらの相続をしたいと思うでしょう。家族同然で飼われてきたら尚更情が移るものです。ですが、現時点での日本の制度ではペットに相続をさせる事は出来ません。
法律上ペット類は種類を問わず物として扱われています。他人が怪我をさせてしまっても器物損壊罪になるのです。
自身が生前、遺言書に愛犬に財産を相続させると一筆書いても無効になります。ペットだけでは生きていけないので、この思いを生かすなら飼育するのに必要な財産を信頼出来る人に託すのが良い方法です。
大事なペットを相続させる手段として有効です。ある条件を決めて遺言書に記しておきます。
内容は、誰に遺贈し、どの様に飼育するか、執行者を誰にするかの3点は最低限必要です。
しかし、これは飼い主の思いですので、どれ程遺贈したい気持ちが強くても引き受けるはずの人が断ればどうしようもありません。義務ではないので断る権利は持っています。託したい人に合意しておかなければなりません。

相続を行う際に必要な事項のチェックリスト作成

親や親戚が亡くなった際には、遺産に関しての相続手続きを行わなければなりません。この手続きには、様々な資料を集める必要があり時間がかかることがありますので、あらかじめどのようなことを行うべきかについてのチェックリストを作成する事が必要です。
相続の際に必要な事項のチェックリストに乗せるべき事項として、まず遺言書の確認があります。この遺言書の存在によって、その後の手続きが大きく変わってきます。
次に行わなければならないこととしては、遺産を受け継ぐ人の特定があります。これがはっきりしないと、遺産の分配などについて具体的な話ができません。また、財産がどの程度あるものかという事の調査も必要になってきます。
財産の総額が決まった後に、遺産を引き継ぐ人たちの競技が始まることになります。遺産の分配をどうするかが決まった後に、相続税などの手続きを行います。このようなことを行った後に、相続登記の手続きを行う必要が出てきます。

人生最後の社会貢献として相続財産の遺贈寄付という選択肢

遺贈寄付とは遺言を作成し、そこに希望する寄付先を指定することで自身の死後、財産が寄付される制度のことを言います。
亡くなった後に相続人がいない場合、相続財産は国のものになります。それならば人生最後の社会貢献をしてみようと考える人が増え、この遺贈寄付が注目されてきているのです。
寄付先としてはユニセフや国境なき医師団などの有名な所もあれば、公益法人やNPO法人などの公益事業を行っている団体もあります。他にも日本動物愛護協会や日本赤十字など、様々な選択肢が考えられます。
この制度には3つの注意点があります。 まず、遺言執行人を指定しておく必要があることです。執行人がいないと手続きをする人がいないので、あらかじめ指定しておくといいです。
次に、現金以外の財産は受け付けてもらえない場合があるという点です。そのため、遺言書を書く前に必ず寄付先に問い合わせをして確認すべきです。
最後の注意点としては、寄付を受けた側が遺留分侵害額請求を受ける可能性があるという点です。この点を鑑み遺言書を作成しないと寄付先に多大な迷惑をかけることになります。 このように、遺贈寄付をすることで人生最後の社会貢献が可能となりますが、注意が必要です。

基礎控除を理解して効率的に相続を進めていこう

相続の時には、財産を継承することがありますので税金に関して必ず正しい手続きをしておかなくてはいけません。ただ、そのままの状態で財産を引き継いでしまうと多額の税金を納めなくてはいけなくなってしまいます。
このような問題点を解決するために、基礎控除の規定を利用しなくてはいけません。相続の中には、控除や免税を利用することで税額を大きく軽減させることができるものが存在します。わかりやすいのか不動産です。
一般的に、不動産を継承する時には大きな税金を納めなくてはいけなくなります。しかし、不動産を継承する時には制度が存在しますのでこれを用いることによって無駄な部分をカットできるようになります。
特に、配偶者が相続する時には大きな基礎控除が存在しますのでこの制度を用いる事によって効率的に財産を引き継ぐことができます。
その他にも、税金面に関して免除規定などが存在したり様々なものが存在するのできちんと調べておくことが重要です。

相続で争わないようにするために予防できること

相続問題は、相続する財産の大小あるいは負の財産である場合は特に浮き彫りになってくる現象です。
相続に関するやりとりを明確にしないまま先送りにしてしまうと、どんどんこじれていってしまうため、大切な家族関係を修復不可能な状態にしないよう予防は必須と言えるでしょう。
事前に予防するためには、まず税理士など相続関係における専門家を第三者として立てるというのが最も効率的かつ有効的となります。
遺書に関するこじれのパターンが最も多いため、第三者のもとしっかりと全員が集まった空間で遺書を書いてもらうというのも、事態を悪化させないための手段と言えるでしょう。
専門家は逐一進行状況を記録しているため、家族の誰かが故意に内容を変更しようとしても、記録と合わなければ有効ではなくなるため、第三者の立ち合いというのはあらゆる面で非常に有効です。
事前に信頼できる税理士などを調べておき、現状を話しておくと事をスムーズに進めることができます。

相続問題などが起こっている場合最短に解決する

人間には様々な問題がありますが、最近は相続問題で揉める人も増えてきています。
相続問題でもめる例があるとすれば、やはり明確になっていない権利関係などが影響しているかもしれません。
この場合には、当事者だけでは話し合いができないケースがあり、それが結果的に悪い方向につながる可能性があるわけです。
そうすると、当事者同士で揉める可能性があるため、これを早い段階で解決しなければならないでしょう。
最短で解決するためには、間にプロフェッショナルな人を挟むのが良いかもしれないです。
プロフェッショナルな人とは、例えば弁護士等になります。
このような人が間に出てくるといよいよ、短い時間で解決できる可能性があります。
当事者間だけだと1年ぐらいかかったものでも、プロが間に入ることで半年程度で解決できるわけです。
とは言えやはり1ヶ月以内に物事が全て丸く収まるような事はないと考えて間違いありません。
その点をよく理解した上で依頼しましょう。

相続するときに自筆証書遺言が出てきたら要注意

親やきょうだいがなくなったとき相続に直面することになります。不動産や預貯金・有価証券などの遺産は関係者の間で話し合って、最終的な帰属先を決定することになります。
ところが話し合いをするまでもなく、遺産の帰属先が決まってしまうことがあります。それは遺言が残っている場合です。遺言とは遺産をもっている方が、自分の死後に誰にどのような形で財産を帰属するのかを決定するというものです。
遺言には公正証書や秘密証書とならんで、自筆証書遺言が主要なものになります。遺言があることで話し合いをする手間を省略できるというメリットがありますが、自筆証書の場合は死後の取り扱いに注意が必要です。
それというのも自筆証書遺言の場合は相続が発生してから、家庭裁判所で検認という証拠保全手続きを経由する必要があるからです。
また遺言の内容が気に入らないからといって、隠したり破棄したりすると相続権を喪失してしまうことも念頭においておきましょう。

公正役場を活用してトラブルのない相続を心掛ける

遺産のある人がなくなると、遺産をめぐってだれがどれだけ引き継ぐのかで合意に達する必要があります。かりに相続に際して話し合いで決着がつかないと、裁判所で調停をするなりして決着を試みることになりますが決裂すれば最終的には裁判で白黒の決着をつけることになります。
しかし裁判に至るまで争ってもそれほどの実益を得ることは出来ないのが現実です。なぜなら裁判所では最終的には、民法のルールにしたがった相続分で分けることになるからです。深刻な対立をはさんで結局法律の取り分にしたがった遺産分割に落ち着かざるをえないというのは徒労ともいえます。
このような事態を回避するには、生前に公正役場で公正証書遺言を作成しておくことをおすすめします。公正役場では裁判官や検事などのOBである公証人の関与のもとで、公正証書遺言が作成されるので信用性が高く。
滅多なことでは効力が覆ることはないからです。とりわけ内縁配偶者がいるときなどは、遺産を確実にのこすうえでも公正証書遺言はベターな選択肢です。

相続について相談してみましょう

杉並区で相続の相談を受けている司法書士事務所

相続 杉並