不動産相続のあれこれ

生命保険が相対象になる条件

生命保険が相対象になる条件

生命保険が相対象になる条件 被保険者が亡くなり、生命保険の死亡保険を掛けていた場合には、その保険料が相続の対象になるのかならないのかは、その保険を被保険者(故人)が保険料を負担していたかによって変わってきます。
被保険者が、全額もしくは一部でも保険料を支払っていて、保険金の受取人が相続人であった場合は対象になります。ですが、その全部が課税対象になるわけではなく、支払われた金額により非課税となる場合もあります。
その計算方法は、「500万円×法定相続人の数=非課税限度額」で算出され、その金額を超える部分が課税対象になります。また保険金を相続人が支払っていて、保険金を受取った場合は、所得税の支払いが出てきますが、受取人が第三者の場合には贈与税が発生します。
所得税や贈与税の場合は、また計算式が異なります。生命保険を節税対策として用いる場合には、誰が保険料を納めていたかによって支払う税金の項目や税金の算出方法も違い、税金の金額も異なってくるので注意が必要になります。

連絡が取れない人がいる場合の相続のやり方

連絡が取れない人がいる場合の相続のやり方 身内に不幸があったときには、相続の問題が発生します。多くの場合で複数の相続人が存在しますので、自分たちだけで解決できる際には話し合いを行うことが大切です。
一般的には連絡が取れる親族がほとんどなので、法律に基づいて認められている権利の下に遺産を分割します。連絡先が分からない親族がいる場合には、それだけを理由に先に遺産分割を進めることはできません。
疎遠になっている人でも法律上の権利は存在しているために、平等に遺産を受け取ることは可能です。電話番号や住所が分からないときは、役所に行って戸籍から探すことができます。
住民票に記載されている住所を調べることができれば、その場所を訪れるか書面を送付することで親族が亡くなったことを知らせます。書面を送付するなどの方法を実行した後に、何の返信も来ないことも考えられます。
相手方の反応が無ければ相続を進展させることができないために、裁判所に依頼して正式な書類を送って呼び出す流れとなります。